2007-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新発田商業高等学校90周年記念式典(10月28日)

PA270010.jpg PA270009.jpg
本日は、新潟県立新発田商業高等学校90周年記念式典に出席して参りました。
ご来賓並びに、新発田商業高等学校の職員・生徒の方々、また、同窓会の皆様がたくさんの方が出席され、盛大な式典でございました。
大正6年の創立とお聞きし、歴史の深さをあらためて感じる次第です。

廊下には、優秀な成績を修められた部活動が表彰されており、まさに、文武両道の高校であると感じました。
また、その後の記念祝賀会では、お祝いの挨拶を述べさせていただきました。

今後の、新発田商業高校のますますのご発展をお祈り申し上げます。

最後になりますが、ご招待下さいました、創立90周年記念事業実行委員会の皆様には、感謝申し上げます。
スポンサーサイト

新潟県銃剣道選手権大会、イヨボヤ杯小学校野球大会、村上岩船地区アルビレックス新潟後援会

071028_0904~0002.jpg
本日は、第43回新潟県銃剣道選手権大会がパルパーク神林にて開催され大会会長として出席して参りました。
二巡目を迎えるトキめき新潟国体において、村上市が開催地に予定されており、この地域の銃剣道の技術の向上に繋がるものと考えております。

選手皆さんの技術の向上と銃剣道の発展を心からご祈念申し上げます。


071028_1507~0001.jpg
その後、場所を同じくして第一回村上イヨボヤ杯小学校野球大会が開かれており、閉会式にて選手・保護者・大会関係者の皆さんにご挨拶して参りました。
野球はじめスポーツは技術の向上はもとより青少年の心身の育成に大変意義あるものと思います。

この度の大会は天候にも恵まれ県北の各チームが一同に介し日頃の練習の成果を発揮されながら皆さんが気持ちのいい汗をかいておられました。


071028_1603~0001.jpg
その後、村上岩船地区アルビレックス新潟後援会平成19年度総会に出席して参りました。先程の大会同様にアルビレックス新潟はサッカーを通じ、新潟県のスポーツ振興、産業振興、各地域の活性化に大きく貢献され、新潟のスポーツの旗頭としてご活躍されております。
こうした活躍に心からの賛辞を表するとともに新潟県民の1人として感謝申し上げます。

071028_1702~0001.jpg
総会後の懇親会では田中亜斗夢選手も参加され皆さんと共に楽しい一時を過ごさせて頂きました。
アルビレックス新潟そして後援会のご発展と田中選手のご活躍を心からご祈念申し上げます。

新潟県中越大震災三周年合同追悼式(10月23日)

071023_1034~0001.jpg 071023_1041~0003.jpg
071023_1059~0001.jpg

本日は、新潟県中越大震災三周年合同追悼式が長岡市立劇場で開かれました。
私はテロ特措法の本会議により公務・党務が重なり出席出来ませんでしたが地震の犠牲になられた被害者の方々に心から哀悼の意を表します。
復旧復興を着実に図り亡くなられた方々が安らかにお眠りになられるよう、そして被害者の方々の本当の意味での生活の再建が進みますように今後も尽力して参りたいと気持ちを新たに致しました。

071023_1252~0001.jpg 071023_1253~0001.jpg

また、その後、新潟県農業委員大会が開かれました。
以前、私は衆議院の農水委員長を拝命した時に法案の取りまとめに尽力させて頂きました品目横断経営安定化対策が4月より始まりました。

面積要件を始めとした様々な制限が特例処置があるにせよ、地方特に中山間地の実状に合わない部分があるとの声があります。

私は法案の作成時より常に農業体制の大きな転換となる為『攻めの農業』という基本姿勢は堅持しながら諸般の情勢を常に注視しつつ、現場の実情にあった柔軟な対応をとれるよう付帯事項をつけた法案を取りまとめました。
参議院選挙において厳しい状況に置かれている地方の声に応える意味でもよりよい恒久的な制度構築の為、本日ご参会の皆様を始めとした農業関係者の声をしっかりと適時に政策に反映させて参りたいと思います。

農業県である我が新潟県の発展の為、関係各位と連携を深めながら農業振興に皆さんと一丸となって取り組んで参ります。

みなさんのご活躍・ご健勝と更なる農業振興をご祈念申し上げます。

岸田イノベーション担当大臣を訪問(10月22日)

先日の民間活力開発機構主催イノベーションクーリエ・エコシステム研究会発会式の報告を兼ね、里理事長とともに岸田大臣を訪ねました。イノベーションはわが国の今後の成長を助ける大きな原動力であり、福田内閣でも引き続きこれらの事業へ支援をしていただくよう要請いたしました。岸田大臣も当日放送されたNHKのニュースを見ながら、学識経験者がこれだけ全面的に支援をしていく事業は例がなく、福田総理にも機会をみてしっかり報告をしていくということでした。年内には雑誌の発刊も予定しており、今後が大変楽しみであります。
DSCN0089.jpg

近藤基彦先生を励ます会(10月16日)

071015_1746~0002.jpg


本日は、新潟二区選出近藤基彦衆議院議員を励ます会に出席して参りました。

今全国的更には新潟県が置かれている農業問題について日夜農政部会長としてご活躍頂いております。
今厳しい状況におかれている農業問題に対し、安定的な恒久的な制度構築に向けて共に議論を重ね、政策反映を図って参りたいと思います。

近藤先生のご活躍とご参会の皆様のご多幸をご祈念申し上げます。

坂町病院活性化促進大会、村上ライオンズクラブ認証40周年記念式典(10月13日)

071013_1117~0001.jpg

本日は平成19年度県立坂町病院活性化促進大会が開催されお招き頂き出席して参りました。
大会の前の記念講演において牧野正博県病院局長、矢澤良光県立新発田病院院長のお二方より地域医療に対する県の考え方・取り組みや現場としての問題点・意見を頂きました。
そのお話の中でも医療分野においてもやはり、今各分野において問題視されている『地域格差』『増大していく一方の社会保障費』の二点が大きな課題だとお話がありましたが、現場としては問題克服の為の様々な取り組みも既に限界が来ていると強く強く訴えておられました。
私も福田新内閣においてこの二点の大きな課題に対ししっかりと対処するよう強く求めて参りたいとおもいます。
将来を見据え消費税を含めた税制改革を進め、増大する社会保障費への対応・地方重視への政策誘導を早急に進めていかなければなりません。
そこで初めて地域の安心・安全の暮らしを守る事が出来るものと思いますし、変わることのない恒久的な制度構築が国県市町村行政への信頼に繋がると確信しております。
互いに信頼感を持って今後も行政・医療現場・地域が共に協力し合い医療を支えて行かなければなりません。
そうした意味でも本日は大変意義深い大会になったと思います。

今後も互いに議論し・意見交換しながら、更には地域住民に対しましても理解を深めて頂くとともに問題提起しながら地域の医療についての意識向上が図られていく事を強く念願致します。

071013_1400~0001.jpg

その後、村上ライオンズクラブ認証40周年記念式典が開催され、お招き頂き出席して参りました。
様々な奉仕活動を通じ村上内外に多くの足跡を残してこられた本会のご功績に感謝申し上げるとともに、今後も皆様の一層のご活躍と村上ライオンズクラブのご発展をご祈念致します。

イノベーション・クーリエ事業(10月10日)

私が長年親しくさせていただいている、経済産業省所管の社団法人民間活力開発機構が、政府のイノベーション施策と連動して、この度「イノベーション・クーリエ」事業を立ち上げることとなり、本日、その事業の基幹となる「エコシステム研究会」の発会式が行われました。エコシステムとは(イノベーション・クーリエ事業の)環境整備を行なうという意味だそうで、会には座長の内閣特別顧問黒川清先生をはじめ、日本学術会議の金澤一郎先生、産業技術総合研究所の吉川弘之先生等が出席、メンバーは各分野を代表する学識経験者や産業界からの代表という錚々たる面々で構成された素晴らしい組織であります。
この事業は、わが国のこれからの成長エンジンの基軸となるイノベーションの社会的な啓蒙・普及活動を行うとともに、産学官の連携により「イノベーションシーズ」を発掘し、異業種の融合や人材の育成を図ることにより、新規事業や新たなマーケットの創出を目指すものであります。私たちが安心して住みやすい国にするためにも、大変重要な事業であり、私も国会議員として政府等に働きかけ精一杯協力をさせていただく旨の挨拶をさせていただきました。
2007101001.jpg2007101002.jpg

全国水環境保全市町村連絡協議会について(10月6日)

本日、山梨県の北杜市にて標記の会が開かれ、日本の水をきれいにする会の会長として出席をし挨拶をしてまいりました。本会は、全国水環境保全市町村連絡協議会と北杜市が主催をし、環境省、山梨県及び(社)日本の水をきれいにする会が共催で行われるもので、今年で21回目になります。本会は「名水サミットin北杜」とも銘打たれ、会場には日本の名水百選の紹介がなされると同時に、名水を通じて水環境の保全の推進と水質保全意識の重要さを再認識していただくことを目的としています。大会には横内山梨県知事も出席し、俳優の柳生博さんによる講演や、女優の岸ユキさんなどによるパネルディスカッションなどが行われ、環境問題に関する白熱した議論がなされました。
会場の北杜市は、周囲を南アルプス連峰、八ヶ岳、秩父連峰、茅ヶ岳などの山に囲まれるすばらしい環境の中にあり、わが国の清涼飲料の原水の約3割もここから供給されているとのことです。次回は来年5月に神戸市で開催されることが決定いたしました。
DSCF1737.jpgDSCF1745.jpg

DSCF1740.jpgDSCF1743.jpg

北朝鮮への経済制裁について(10月4日)

総務会に先立ちまして、新潟県議会長津光三郎議長、中原八一県議が自民党本部にお越しになり、伊吹文明幹事長、二階俊博総務会長、谷垣禎一政務調査会長、古賀誠選挙対策委員長の4役に要望書を提出し、県議会の強い意志を伝えられました。

DSCF1698.jpg DSCF1703.jpg
DSCF1709.jpg DSCF1717.jpg


その後、首相官邸に出向き、福田康夫総理大臣、町村信孝内閣官房長官宛に、大野松茂官房副長官へ要請書を渡しました。
DSCF1728.jpg DSCF1733.jpg

北朝鮮の我が国に対する理不尽で不誠実な対応に強く抗議し、拉致問題が一日も早く解決できるよう頑張らなければなりません。

9月28日

070929_1048~0001.jpg 070929_1134~0002.jpg
本日は村上市岩船地内で県道岩船港線緊急地方道路整備街路事業によります『岩船弁天橋』の交通安全祈願祭、竣工式及び祝賀会が開かれ参加して参りました。

この県道岩船港線は村上市街地から国道345号を横断して地域指定重要港湾であります岩船港につながる重要な路線であります。
しかし、道路が複雑で狭く安全性・アクセス性の支障となっていました。

この『岩船弁天橋』の竣工を期に岩船港を生かした街づくりが更に進むとともに、地域の魅力の発信・交流が一層発展するように願うばかりであります。

また親子三代の渡り初めに三つ子の子供さんもお連れになられて、親子四代の大変可愛らしく微笑ましい光景でありました。

070929_1139~0003.jpg

周りの数多く市民のみなさんも参加しながら、市民一体の非常に和やかな渡り初めをさせて頂きました。

«  | HOME |  »

ブログ内検索

リンク

プロフィール

いなば大和

Author:いなば大和
大学卒業後、衆議院議員稲葉修秘書(元文相、法相)を経て、建設大臣秘書官をつとめる。
秘書官として大臣の側にいることにより、地方の様々な要望の実現や政策決定の場において政治家の果たす役割がいかに重要であるかを強く実感し、弱者や優しい政治家となるべく国会議員となる決意を固める。
平成2年の衆議院総選挙に初出馬をするも惜しくも次点に泣き、次の選挙までの間を選挙区中隈無く歩き回る。その時に得た地域の様々な情報や最後まで応援してくれた支援者の方々が、今日の大きな財産となっている。平成5年の総選挙で見事初当選を果たし、以来連続5期当選。
趣味は時々やるゴルフ。腕前は人並みといったところか?敵をつくらず楽しめるゴルフである。また、鮎釣りは国会議員となってからは多忙のためなかなか出来ず、年に一度の郷里三面川で行われる鮎釣り大会が唯一の楽しみである。
曲がったことが嫌いで、芯の強さは父親以上か。大勢に迎合することなく、正しいことを正しいといつでも主張できるのが強みである。
初当選以来、全ての基本は教育との考えから、一貫して文部行政分野での活動を続ける。平成10年には科学技術政務次官に就任、東海村の臨界事故では現地の対策本部長として被災者の救済に全力を尽くし、平成15年文部科学副大臣、平成17年衆議院農林水産委員長を務め、現在は自民党総務副会長として活動中、更に、衆議院国土交通委員会、災害対策特別委員会に所属し、(社)日本の水をきれいにする会会長としても活動中。衆議院では文部科学委員会、総務委員会、環境委員会、農水委員会、災害対策特別委員会などの理事も務めるとともに、党務では農林部会長代理、通信部会長代理、科学技術部会長、郵政総務専任部会長、環境部会長なども歴任。
子供たちのため「平和なみらいを!」をモットーに、政治活動を続けている。

最近の記事

カレンダー(月別)

09 ≪│2007/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。